不動産投資の新たな形|滞納のリスクが手軽に回避できる家賃保証の仕組みについて
積み木

不動産投資の新たな形

男性

副業としても人気

アジア各国の経済成長や円安の進行に伴い、日本を訪れる外国人観光客が大幅に増加しています。特に北海道や東京、大阪などの人気の高い観光都市では、観光客の急増のため、ホテルなどの宿泊施設不足が深刻になっています。その状況を打開するため、東京や大阪などでは、一般の住宅を観光客に貸し出す民泊が特区として認められるようになりました。インターネット上には、airbnbという民泊のオーナーとゲストを仲介するサービスがあります。airbnbのサイト上に宿泊施設の詳細や料金を掲載しておけば、サイト上で予約や支払いを受け付けることができるので便利です。airbnbを活用すれば、意外と少ない負担で民泊のオーナーになることが可能なので、副業としても人気が高まっています。

古い物件でも大丈夫

日本を訪れる外国人観光客が、民泊を好む理由の1つが、民泊では日本の生活様式が体験しやすいということです。どこの国にでもある同じようなホテルではなく、日本の普通の民家に泊まり、日本に住んでいるかのような体験がしたいという高いニーズがあります。外国人観光客は、建物の新しさをあまり気にしないという特徴があるので、古い物件でも清潔で立地が良ければ、民泊として活用することができます。民泊施設の清潔さを保つには、民泊の管理や清掃を代行してくれる業者の利用がおすすめです。代行業者を使えば、自宅から離れた場所でも民泊を運営することができるというメリットもあります。airbnbのサイトには、ゲストが施設を評価する機能があるので、代行業者を使うことでゲストの満足度が上がることも期待できます。民泊施設の多い、東京や大阪では、民泊管理業務の代行業者が増加しつつあります。