ウーマン

価格上昇は続きます

集合住宅

投資用マンションの供給が需要に追い付いていません。投資用マンションを保有している多くの投資家は超スタンスで資産運用をしています。そのため、市場に新たに出回る投資用マンションの戸数が少なくなっているのです。

Read More

不動産投資の新たな形

男性

airbnbのサイトでは、民泊施設の予約や支払いを受け付けることができるので、民泊のオーナーになるのは意外と簡単で、副業としても人気があります。民泊施設の管理や清掃を行う代行業者を使えば、自宅から離れた場所でも民泊を経営することが可能です。

Read More

手軽なマンション経営

マンション

マンション経営が今人気となっている一番の理由は、少ない自己資金で始められるからです。マンション経営は不動産投資ローンを利用出来るので、少ない初期費用で始めることが出来ます。しかし、物件管理の手を抜くと入居者がなかなか集まらないので、空室リスクを回避するためにも物件管理はしっかり行いましょう。

Read More

保証は投資に必要

男の人

家賃を必ず得るには

家賃保証会社を利用するメリットとして、滞納トラブルを回避できることがあります。もちろん入居の際に審査は行いますが、できるだけリスクは抑えておきたいでしょう。問題がある場合には家賃保証会社が家賃を払ってくれますので、オーナーには不利な点がありません。不動産は投資として経営しているオーナーが多いため、滞納のリスクを考えれば家賃保証会社を利用した方が有利なのです。連帯保証人がいれば払ってもらうことができますが、支払いを依頼した時に不都合があればオーナーが対処しなければなりません。家賃保証会社を利用しておけば、ほとんどの対処は家賃保証会社が行ってくれます。オーナーの負担を減らすためにも有効な手段です。

トラブル回避のためには

家賃が毎月入ってくるのであれば、オーナーは安心して不動産経営を行うことができます。赤字経営になるリスクを少なくすることができるので、家賃保証会社は積極的に利用すると良いでしょう。もちろん連帯保証人をつけていれば義務ではありませんので、入居しやすくするためにも柔軟に対応をしていきましょう。家賃保証会社の保証料は入居者が支払うため、特にオーナー側に問題はありません。保証を受けるためには家賃滞納が起こった場合に速やかに報告をする必要がありますので、契約内容を見ておくようにしましょう。その点を怠らなければ、家賃保証会社はとても使いやすいシステムです。最近では、保証人が準備できない人のためにも普及し始めています。